本当の真実を知りたい者が読むブログ

此のブログがすべてのエビデンスです。

ワクチンを打つと抗体が出来ます。しかし合わない抗体は意味をなさないどころか感染を呼び込むのです。

NHKだの民放の馬鹿穴が言います。中和抗体が沢山出来てるので感染は防げます。

中和抗体=感染を防ぐ抗体です。しかし武漢型に対する。中和抗体は何の意味もありません。

それに重症化を防ぎ死者を防ぐだったのですがその統計が嘘でいまだ改良されて居ません。

ワクチンを打ったのは何時ですか。去年です。そうだねえ3月です。3月の何日ですか。2月か3月いや4月かな~わかりました。接種不明。桜の咲いた日です。何月ですか。3月でしょう。日付は。。わかりません。

接種不明=接種者ではない。未接種者でもない。前は全部未接種者だったのです。その時にワクチンを打ったら感染を防いでる、死者も少ないだったのです。しかし殆どが接種者だったのです。

いま未接種者は接種日が分かってるものと同じくらいの人数だけど数倍の感染者数なんです。

なんでワクチンを打てば感染するか知っていますか。抗体には感染を防ぐ抗体と感染を招く抗体が有るのです。細胞に取り付きやすい抗体デキてることを盛んに専門家が行ってるのにNHKだの民放=統一自民党の命令で放送させないのです。と言うか内部が統一だらけで朝鮮人に汚染されてるのです。

日本のワクチンは感染増強抗体しか作れないワクチンです。

良いですか。皆さんはインフルエンザのワクチンを打ちますが合わない株のワクチンを打った場合には返って問題なんです。なぜ感染して対応が効かない抗体が出来るからです。

また感染で抗体が出来ないのです。これが重要なんです。実はワクチンを一回だけ打ってその効果が無くなっても新たなインフルエンザ株が出来た場合にそれに速やかに抗体ができるように抗体が消えるのです。

だから俺なんざ20歳のころ一週間寝込むインフルエンザにかかった後インフルエンザなど絶対にかかりません。

今はっきりしてるのはワクチンを打った場合に感染は全く防げない。重症化も防げない、死ぬのはワクチンでも死ぬ、コロナでも死ぬのです。

ワクチンを打つとその時から急激に死者数が増えるのです。心筋梗塞だの脳梗塞だの肺炎だの腎不全だの肝機能不全だの多臓器ふせんだの寝たきりになって死ぬのです。

また駅前クリニック=精神科に殺されるのです。