本当の真実を知りたい者が読むブログ

此のブログがすべてのエビデンスです。

マンモグラフィも子宮頸がんも前立腺がんも検査などするほうが死亡率が高いんだって。アホらしい話なんです。

勿論助かる者も居るんです。しかしそういう者は進行がんになっても助かるかも知れないということなんです。

マンモグラフィーでは胸を圧迫これだけで壊れやすい癌が壊れて其処いら中に散らばってしまうんだろうと思うのです。常識なんです。乳がんが体中に転移する原因がマンモグラフィーです。しかも強力なX線照射というのですから話に成ません。問題はガンでないものをたくさん切ってるのです。

手術成績を上げる方法がそれなんです、分かっててやるんです。ここにシコリがありますね。気づかなかったですか、今なら治せます、お願いします、

本当は脂肪の塊、あるいは乳腺炎、あるいは石灰化などを全部切り取るんです。こんな事をしてるので本物の癌は見逃すんです。

前立腺がんもう話に成ません、相当大きくてもすぐ死ぬものではないのです。ほっとけば良いのです。見つかるのは68歳くらいからです。こんな年齢で手術も放射線もクソも無いのです、まあ脊髄に引火した場合は苦しいけどまあ100人に一人くらいです。

子宮頸がんこれが原因は検査だそうです。子宮頸部を擦過傷にして癌にするのです。だから医者にいかなければ良いんです。衛生的にしていればならないのです。外国人を追い出すのが良いのです。奴らが不潔なんです。米軍も追い出すべきです。