本当の真実を知りたい者が読むブログ

此のブログがすべてのエビデンスです。

偽医者というか無能力の馬鹿医者が多いのです。我々はどうするべきだろうか。自治体の図書館に医術の専門書を揃えるべきである。

堀ちえみさんが医者に半年も前に行っていたのに癌の診断が出来なかった。意味ないだろう。

実はこういう話は年中なんです。ヤブ医者が多いんですよ。問題はそれを教えてもらえないのです。

ヤブ医者ブラックリストを作ってそうですねえ。免許剥奪すべきですよ。だって命奪われるのですよ。

癌でもないのに肺癌の患者のカルテと盲腸のカルテの患者で取り違えて肺を半分切り取られたりするのです。

感染症で命にかかわるのに間違ったり。

血圧が低いのにあげる薬ではなく降下剤を与える場合も多いんですよ。

馬鹿医者どうにも成りません。俺は腎臓を殺されました。とんでもない馬鹿医者が多いんです。

心筋梗塞で来てるのに頭がオカシイので精神科に行くようにそれで死んだり。

しかも医者を変えても同じような馬鹿医者だったらどうにも成りません。しかも医者の梯子(ハジゴ)で医者が儲けられる。あり得ないのです。

だから自治体にとりあえず医学の専門書を置くべきでしょう。責任を取らされるのが患者ですから防衛で仕方ないのです。

常に最新の医学書を置くべきでしょう。しかし専門書はわからないので将来はAIの医者を置くべきでしょう。